【Profile】


      ブ ラ ッ ト  コ ヨ ー テ

Bratto coyote 

@ 2011年5月、「日本を元気にする!」発言と共に産声をあげる。 


【時間の流れ】

2011年

5月、主宰の広瀬が、撮影所に向かう始発の電車の中で中吊り広告を見ながら、脚本書こう、劇団立ち上げよう、そして観に来た人を元気にしよう、と勢いだけで動きだす。

2012年

4月、満を持して『AUCTION』を旗揚げ公演。その時はまだ劇団員は決まっておらずプロデュースユニットとして始動。数カ月して『AUCTION』の制作を手伝ってくれた神子珠美と、まさぐり隊nの主宰でもある間海広一を劇団員として招き入れ発足。その後『AUCTION』の出演者であった梶田沙織が参入。11月には、何か面白そうだという理由で田中健司が入り、5人体制となる。

2013年

「いい大人がどれだけ馬鹿なことに真剣にとりくめるか」をモットーに映像企画【Bratto coyote channel】を開局。その後、劇団員が増員しかけたものの結局、増員には至らず。ある日、間海が改名し、まかいひろかずになる。長くなったおかげでチラシ・パンフに載せる際に苦労することとなった。そうして8月、第二回公演『ここではない人々』を上演。好評を博す。数カ月経ち、開局した【Bratto coyote channel】の名前が長いという理由で【Bratto Channel/ぶらっとチャンネル】に変更。不定期で企画動画の配信をスタートさせる。夏には、第二回QSCに動画を応募。その際、田中健司が脚本を初執筆。自分たちだけでカメラを回し制作した作品はいいきっかけをもたらした。そして11月、新たな企画としてトーク番組【Bratto Talk/ぶらっとトーク】を配信開始。

2014年

各々が個で立ちつつも、母体としていろいろやれることをやってみよう!と企画を出し合い、【Bratto Channel/ぶらっとチャンネル】で、まかい考案企画「お絵かきQ」を開始。人気企画となる(あくまで内輪だが)。【Bratto Talk/ぶらっとトーク】は展開を繰り返し、シーズン3に突入した。8月、シアトリカル應典院にて第3回公演『バクステ!~Backstage Rhapsody~』を上演!出演者全員の健闘もあり、過去最高の観客動員数を記録。

2015年

3月末、田中健司が退団を決意。【Bratto Talk/ぶらっとトーク】シーズン3終了と同時に劇団を去ることとなった。4人編成となった劇団ではあったが、6月、座長の広瀬が東京に居た時お世話になった監督からの依頼でイベント開催の手伝いに劇団員全員で出向き、新たな展開に力を注いだ。8月、第4回公演『ラスト§クローンズ』を上演。いろいろと挑戦した結果が如実に表れ、高評価を得る。 

2016年

2月下旬から3月末、昨年のイベント開催に引き続き映画『PERSONA 3 第4章』とコラボイベント「体感型脱出ゲーム『劇場版ペルソナ3』~影時間からの脱出~」出演。広瀬が大阪会場のディレクターを務めた。また、7月末には「体感型脱出ゲーム『鬼灯の冷徹』~現世からの脱出~」に引き続き出演。まかいがディレクターを務めることとなる。また同時期に第5回公演『ここではない人々』を上演。初の再演に挑戦するも、過去最高の動員数を記録する。そして、この公演の出演をもって梶田沙織が女優業を引退、劇団を去ることとなった。劇団員は3人となったがまた新しい企画を求め動きだす。

2017年 

新生Bratto coyoteを掲げ、リニューアルを模索しつつ、待望の新作公演を9月末に上演することが決定!現在は、追加キャストのオーディションを控え、劇団員は公演準備に奔走中。

 【名前の由来】

ぶらっとこよーて」と読みます。

血の滴る狼というようなワイルドな意味は全くなく、お客様に「ぶらっと来ようって」思ってもらえるようにという願いと、主宰の広瀬謙が「団体を立ち上げる時は絶対『B』から始める!」という訳の分からないこだわりから。 


    劇団員紹介ページへ   



ブログ『Brattoいきます!』
Facebook
Twitter
YouTube
こりっちサイトの劇団ページです!
ワークショップ
劇団員募集中!
スタッフ募集中!